(外出不安の症状と、その改善方法)

パニック症候群に悩んでいる時は、突然の動悸や息苦しさ、めまいのため外出が不安になっていることも多いものです。

そして、これが外出不安という症状になります。(外出恐怖症と言われる場合もあります。)

電車やバス、自動車に乗ったり、道を歩いている時に、パニック発作の症状が起こってしまったらどうしようという予期不安を感じているのが、外出不安の場合の特徴だと言って良いのではないかと思います。

特に、うつ状態で、長い期間、家から出ずに生活していた場合には、外出すること自体に対しても、強い不安を感じるようになってしまうものなのです。

つまり、安心できるのは、自分の家の中だけという状態になっているのです。

いわゆる、「ひきこもり」の中には、この外出不安が原因になっていることも多いと思います。

しかし、このパニック症候群から来る外出不安は、その根本原因は神経症から来ていますから、森田療法の考え方を身につけていく中で、外出中のパニック発作に対する不安が薄れてくることで、少しずつ根本的に改善してくるものなのです。

ただ、このためには、ある程度の時間が必要になってきます。
つまり、薬を飲めば、これですぐに、ぱっと治るという単純なものではないのです。


なお、下記のページも参考になると思います。

1.パニック障害克服のポイント
2.パニック障害とは(治療と克服))