(動悸の症状と、その改善方法)

パニック発作の時に、突然、心臓がドキドキしたり、バクバクしたりすることが多いのですが、これがパニック症候群の場合の、動悸という症状になります。

誰でも、運動したりした後は動悸がしますが、ここで言っている動悸というのは、突然起こる、「死の恐怖」を伴うものなのです。

つまり、心臓のドキドキや、バクバクがあまりにも激しく、このために心臓発作になって死んでしまうのではないかという不安を感じるのが、ここで言っている動悸ということになります。

ただ、動悸の場合は純粋に心臓の異常から来ることもありますので、一度、病院で診てもらって、心臓などには特に異常が見られないという場合に、パニック症候群から来るものだと考えていくことが大切なのです。

つまり、何でも動悸であれば、パニック症候群から来ていると考えてしまうと、これは非常に危険なことになってしまいます。

ですから、心臓や脳など体に異常がないということを確認した上で判断していくことが大切だと思います。

つまり、この場合の動悸であれば、その根本原因は神経症から来ていますから、森田療法の考え方を身につけていく中で、ドキドキやバクバクといった心臓の違和感から来る「死の恐怖」対する「とらわれ」が薄れてくることで、少しずつ根本的に改善してくるものなのです。

ただ、このためには、ある程度の時間が必要になってきます。

つまり、薬を飲めば、これですぐに治るという単純なものではないのです。


なお、下記のページも参考になると思います。

1.パニック障害(薬なしの改善、解消方法)
2.不安神経症(動悸、息苦しさ)