(広場恐怖の症状と、その改善方法)

繁華街やデパートなどの人混みなどに出かけると思うと不安になってしまうという形で現れてくるのが、広場恐怖の症状になります。

ただ、この症状は対人恐怖症の場合とは異なり、他人に対する緊張や不安が起こる症状ではなく、人混みなどで、パニック発作の症状が起こり、その場にいる人達に無様な姿をさらすことになったらどうしようという不安から来る症状だと言えます。

ですから、症状の形としては対人恐怖症に似ていますが、その原因になっている不安が異なるものなのです。

つまり、対人恐怖症の場合であれば、他人からどう思われるか、変に思われるのではないかという不安が根底にあるのですが、パニック症候群から来る広場恐怖の場合は、一度、パニック発作を起こしたことのある人混みなどに出かけることで、また、前と同じようにパニック発作が起こるのではないかと予期不安を感じるところから来る症状なのです。

つまり、広場というのは、一つのシンボルであり、実際には、繁華街やデパートなどの人混みとか、電車やバスの中、首都高のような高速道路、歯医者や美容院、といった、自分の思うように動けない場所というニュアンスになります。

なお、広場恐怖も、その根本原因は神経症から来ていますから、森田療法の考え方を身につけていく中で、パニック発作の予期不安が薄れてくることで、少しずつ根本的に改善してくるものなのです。

ただ、このためには、ある程度の時間が必要になってきます。

つまり、抗うつ剤などの薬を飲めば、これですぐに治るという単純なものではないのです。