(めまいの症状と、その改善方法)

めまいという症状は、貧血など、体の異常から来ることも多いものですが、パニック症候群の場合にも、よく診られる症状になります。

外出中に突然、めまいを感じ、このまま気を失ってしまうのではないかと不安になってしまうという形で現れることが多いものなのです。

また、パニック発作の場合の心臓のドキドキやバクバク、過呼吸の場合の息苦しさと同様に、めまいや立ち眩みというのは、パニック症候群の場合に、典型的に起こってくる症状になります。

ただ、初めにも書きましたが、めまいの場合は、何かの病気で、体の異常があり、このために起こってくることも多いので、内科や耳鼻咽喉科などで一度、診てもらい、特に異常が見られないという場合に、パニック症候群から来ている可能性を考えた方が良いと思います。

そして、パニック症候群から来ている、めまいであれば、その根本原因は神経症から来ていますから、森田療法の考え方を身につけていく中で、めまいに伴う「死の恐怖」が薄れてくることで、少しずつ改善してくるものなのです。

ただ、このためには、ある程度の時間が必要になってきます。

つまり、薬などを飲めば、これですぐに治るという訳にはいかないものなのです。